小林機械は、従業員が安全で安心して働ける職場を目指しています!

 小林機械では経営理念として、
「従業員が安全で安心して働ける場所であり続けます。」
という目標を掲げています。
 安全、安心とは、ケガや事故が無い事はもちろん、精神面においても
安心して働けるような、あたたかい職場をモットーとし、
日々の仕事に従業員一同取り組んでおります。

 また、社員間のコミュニケーション促進のため、会社として
定期的なイベントへの参加や、社員旅行などのイベントを行っています。
これらを通じて、社員の結束力を高め、
チームワークの良い会社を目指しています。



小林機械は岩手県奥州市前沢区と宮城県加美町を中心に活動しています。
若い社員も多く、活気にあふれたアットホームな会社です。

 

小林機械の歩み

 株式会社小林機械は、昭和48年8月に埼玉県で小林機械として創業しました。最初は埼玉の町工場で機械加工を専門に事業を行っていました。

 平成元年に岩手県前沢町(現 奥州市前沢区)に誘致企業として前沢工場を設立、その後の平成4年に前沢工場を本社としました。

 前沢工場が本社になった後も、平成10年に工場棟を増設、平成12年にクリーンルームを増設し、次第に大きな工場となってゆきました。

 また近年では平成19年に岩手県奥州市前沢区に大型専門の本杉工場を設立、平成22年には宮城県加美町に宮城事業所を設立し、更なる事業拡大を行いました。

 これからも「製造業から創造業への変革を成し遂げる」をテーマに掲げ、設備への投資だけでなく、人材育成、新技術開発にも注力してまいります。